フェイクファミリー

2009年9月21日

記憶を失った、あるいは失いたい人たちが社会復帰のために幸福な別人格の記憶を植え付ける。

折り良い人たちの記憶を移植した人たちを意図的に合わせ、ファミリーを形成させたりする。

こうしてできたフェイクファミリーは幸福な家族として生活していく。

区立水族館

2009年9月21日

観光パンフレットに載っている名所の1つ。

地下15mの大海原から捕獲した怪魚を展示している。

世界の海洋学者の垂涎の的。

ゾンビー

2009年9月21日

ブードゥ教によって操られる死者。

特定の手段によって救済されるまで、ゾンビーには安らぎはない。永遠に使役者の奴隷として仕える。

不法行為に従事させるために輸入され、ヤクザの用心棒などに使役されている。

自身も知らぬ運び屋

2009年9月21日

区外の観光客が、腸を丸ごと切り取られしばらく同じ機能を果たす妖物を植え付けられる。

区外に戻りしばらくすると妖物の催眠効果により、新宿の組織の元に帰る。

化学処理が加えられると1日500gの金を産む。

若葉町

2009年9月21日

かつては住宅街であったが、魔震後の復興と再開発が進まず、廃墟であったところに、自称芸術家や哲学者が大勢集まり、テントやバラックで生活を始めたため一大コロニーとなった。

絵や彫刻を求めて好事家や観光客が訪れる。

柄の悪い妖精の国のよう。半透明の羽で飛行している者、八本腕で薪割りしている者がいる。

そこにパンの匂いや、魔術用の硫黄の臭いが混じっている。

恋女猿(外道猿)

2009年9月21日

「新宿妖怪大百科」で極めて数が少ない好色科に分類される。

体毛の濃さと猿に似た動作からこの名前が付いたが、人間と妖物が結合退化した存在。

妖物の正体は未だ分かっていない。

陽光が苦手で廃ビルや下水道にひそみ、夜になると集団で徘徊して、多種の女性ばかりを狙って暴行、殺戮を行う。

裏町の声

2009年9月21日

高額な加入料が必要な情報ネットワーク。無線と思われる。

警察の手がかり募集広告

2009年9月21日

テレビやラジオ、市民無線で突然、警察からの手がかり募集の公告が入る。

ほとんどが突発的に発生した凶悪もしくは大規模な犯罪に関する要請。

謝礼金もけっこうな額になる。

逮捕に直結する有力な情報または、逮捕しかも生死を問わず。

プロの賞金稼ぎだけではなく、平凡な市民がハンターに変わる、魔界都市新宿ならでは。

隠し味

2009年9月21日

スナックで出される飲み物に客の好みで加える新宿ならではの隠し味。

妖物による覚醒剤で、新宿生まれは効果抜群のトリップ効果がある。

軽い酩酊から幻視、幻覚、霊体分離、限定死、変身まで。

区と警察は比較的安全な398種を除き所持禁止としている。

禁止されている物も裏通りで簡単に入手できる。

[関連項目]

トワイライトタイム

トワイライト・タイム

2009年9月21日

歌舞伎町にあるスナック。

常連で賑わい笑顔の多い店。ただしマスターは仏頂面。

他の新宿のスナックと同様客のリクエストで隠し味を追加してくれる。

[関連項目]

隠し味